預金保険制度で資産を守る

auと三菱東京UFJ銀行が運営しているだけにじぶん銀行が万が一にも破綻するということは考えにくいものです。
じぶん銀行という名前があまり聞きなれない、そしてスマートフォンの中にある銀行というのも信用性に欠けるものかもしれませんが、そこは天下の三菱東京UFJ銀行、その心配は限りなくゼロに近い可能性を案じていると言っても過言ではないでしょう。

そうはいっても破たんというリスクを考えないことはないかもしれません。
現代は好景気に差し掛かりつつあると言ってもまだまだであることはたしかです。
さらに、三菱東京UFJ銀行はキャッシング会社の後ろ盾としてもありますので総量規制に伴った過払い金の支払いにも忙しいと言ったところもあります。
それでは万が一に備えたものとしてはじぶん銀行に何があるのでしょうか。

それが預金保険制度です。
じぶん銀行が破たんする事態になったとき、自分が預け入れている金額がどのようになるのかを考えるのは恐ろしいことです。
しかし預金保険制度がその預けている大切な資産を守ってくれます。

簡単に仕組みをご紹介しましょう。
・円普通預金
・円定期預金
・仕組み預金
これらの3つの残高を合計して1000万円までを保護してくれます。
それ以外にも金利、保険を使うことになった当日までの金利になりますがそれも保護してくれます。

無い、とは思っていても万が一に備えておきたいのは誰しもが同じこと。
それを預金保険制度が守ってくれています。